夢をめざす君に幸あれ!

頑張るみんなが好き!大好き!

不器用な神宮寺くんとKing&Prince

2018年 1月 17日

 

6時間目が終わって移動教室から自分の学年のフロアに帰ってきた時、同級生たちからの視線を感じた。なんだか空気が変だと思った。一つだけわかっていることと言えば、その日は前々から番協の募集があった「特別番組」の当日だということ。私は学校もあったしそもそも担当が出るもわからなかったから申し込みすらしなかったけれど、(普段からジャニヲタであることを全く隠さずに生活しているので)学年の全知り合いが私=ジャニヲタのイメージのこの状況で、みんなからの視線を感じるということは私の担当に関係するんだなって瞬時に理解した。こういう時ヲタクって敏感だなぁとなぜか冷静に考えてる自分がいて、面白かった。

 

 

 

違うクラスの松田元太くんのファンの友達が急いで駆け寄ってきて、たった一言

「キンプリ……」

と、私の手をぎゅっと握った。

なんでテストに出てくる日本史の人物名とか事件だとかはひとつも覚えられないのに、こういうことは全部覚えてるのかなぁ。

 

 

 

嬉しい、悲しい、パニック、驚き。どれが自分の中で1番最初にこみ上げてきたのか、思い出せもしないし多分正解もない。デビューだと察しているのに「あぁ、遂にきたか。」なんてまた可愛げもなく冷静に思ってはそんな自分に笑えた。

 

 

 

全員違うクラスなのに、神宮寺担の私、平野担、永瀬担、岸担が自然と集まって、いつもバカみたいにはしゃいで爆笑してる私たちが多分こんな静かなのって初めてなんじゃないかってくらい、ただそこに4人でいた。「Kingがバラバラにならなくてよかった」「Prince3人でのデビューだと思ってたのに」「とにかく自担の未来が確実になったことが嬉しい」それぞれみんな思うことはあった。私なんて「ストが先陣を切ると思ってた」なんて神宮寺担のくせにスト担みたいに悔しさまで感じていた。スト担のお友達は泣いていたっけ。

 

 

 

デビューというものは必ずジャニヲタ全員が笑顔になるものではないことはもう、嫌という程経験してきた。だけど、自分の応援してた子のデビューでこんなに感情が揺れてどうしていいか分からなくなったのは初めてで。

キスマイがデビューした時はもう頭おかしいんじゃないかってくらい喜んではしゃいでたのになぁ。苦労人だったからかな、やっと!って気持ちがあったからかな。

 

 

 

こんなに感情が揺れてどうしていいかわからず逆にもう何も考えられなくなったのは、正直なところたった1日で、18日の朝には岸担の友達と大喜びしていんだからまたヲタクって不思議。

大好きな神宮寺くんがいつどんなときも夢だと語っていたデビューを素直に喜べずにいたなんて完全な私情で、Prince3人がよかった、もうすこしタイミングが違う方が……なんてのは深く考えすぎる私たちの悪い癖で。冷静になってから、純粋にただ神宮寺くんのことだけを考えた時に喜びと幸せしかなくて、それにようやく気づけた時、その日初めて涙が出た。

 

 

 

そもそも、Prince3人がよかったというのはMr.Kingが嫌だったとかそんなことでは全くない。ただ単純に後列に回されるのが嫌だった。金と銀なら銀。前と後ろなら後ろ。赤と青なら青。常に2番目に回される気がして、ちょっと悔しかった。言ってしまえば本当にそれだけ。PrinceとPrincessの関係も壊れないとわかっていたしなんかそういう面はあんまり気にしてなかった。

 

 

時の流れってほんとにあっという間で、ついこの間デビュー発表されたとおもったら今日はもうデビューシングル「シンデレラガール」の発売日。つまり、King&Princeのデビュー日。FC開設、CDショップの特設コーナー、街を走る宣伝トラック、花のち晴れで流れる瞬間、キンプリショップ、ZIPの冠コーナー。たくさん実感するための材料はあるのにどこかまだ信じられない気持ちがある。

もともとこの6人は先輩のバックにつくことも少なくなっていたし冠番組もあったりしたから、ジャニーズJr.だったころとあまりかわらないんじゃ……?と思っていた部分も正直あったけど。全然違う。これがデビューか!って、何度も色んなグループがデビューするところを見てきたのに、全然違うって改めて思えた。

 

 

キンプリのことを考えるだけで

ただただ嬉しくて楽しくて、毎日がキラキラする。

おこがましいかもしれないけど、シンデレラの気分でこの曲を聴ける。

 

改めてデビューするんだなぁ。

って、何回思うのかな私。(笑)

 

 

 

 

話は変わるけれど、神宮寺くんが国民的彼氏なんて言われるようになったのはいつからなんだろう。

 

デビュー前に不仲説が流されるなんてことはまぁ正直なところどのグループもあるあるで、神宮寺くんが悪い人のように言われることも、なんだか大変だなぁ…なんてものすごく客観的に捉えてる自分がいる。

 

 

私のなかの神宮寺くんのイメージは 「 The 不器用 」。

国民的彼氏、優しい、王子様。それは嘘じゃないし私も思う。でも本当は、ものすごく神宮寺くんって不器用な人。

 

 

自分のキャラクターを認めて欲しくてチャラ宮寺に走った15、6歳の頃。自分の存在と価値、Jr.の最前線に立たせてもらう必要意義を見出すために、本当は全然チャラいキャラなんて似合わないのに髪を赤く染め外ハネにしていつもsexyぶっていた。

ある日、真っ赤な髪の毛の神宮寺くんが雑誌で急にこんなことを言い出した。

「俺本当はチャラくないんですよ。このキャラもキツいっていうか。」

ようやく吐いたな、と思った。その雑誌のビジュアルは赤茶の髪に外ハネでパーカーというどうみてもチャラチャラした見た目なのに。遂に言ったな、って。(笑)

 

その後くらいかな、茶髪にして、ドラマでの金髪を経て、神宮寺くんは襟足をバッサリ切り髪を真っ黒にした。私にはようやく肩の重荷を下ろしたようにも見えた。若干16歳でチーム者をまとめ、メンバーの体調不良や練習時間を気にし、準優勝まで引っ張った。もうチャラくなる必要は無いし、何事にも真面目に取り組んで真剣にガムシャラに挑んでいい。いつもどこかチャラぶってないといけないと義務的になっていた神宮寺くんの本気をやっと見れた気がした。素の神宮寺くんはこれだ、と改めて思えて嬉しかったなぁ。

 

翌年2015年にはMr.kingVSMr.princeのメンバーに選ばれ、チーム者でリーダーを務めながらの夏は本当に大変だったと思う。その分ストレスやプレッシャー、沢山あったんだろうな。不器用な神宮寺くんはある日のvs公演で失言(と私は思っている)をした。

チーム者が負けたある公演で。神宮寺くんがソロで歌うTOKIOの青春が始まる前の神宮寺くんの語りでのこと。

 

「 負けちゃいましたね。勝てると思ったんだけどなぁ〜。ダブルストローク(神宮寺くんがやった大技)のときもっと盛り上がってみんな声出してくれると思ったんですけど、ほとんど誰も声出してくれなかったですよね。まあ別にそれが敗因とは言いませんけど。 」

 

でた不器用。敗因とは思ってないといいながら(実際のところ敗因だなんて本当に思ってないんだと思う)、ファンの声援が足りなかったことを断言した。正直、序盤の方の公演だったからファンが声出しするところを把握しきれていなかったのもひとつある。でもファンを責めるような言い方を、神宮寺くんは確かにした。負けたことへの言い訳をしたかった訳では無いと思うしファンを責めたかったわけでもない。でもいつも不器用な表現をしてしまう。きっと本人からしたら、ファンのオォーーーー!って声が今日は少なかったと単純に思ってそれを口に出してしまった、それだけ。

別にそれはSNSでも叩かれなかった。その場にいたファンだけが不器用な神宮寺くんをまんま見ただけ。私はちょっと嬉しかった。

 

 

国民的彼氏だとか、優しさの塊だとか、こっち(ファン)からのキャラの押しつけはいくらでも出来るけどそれに神宮寺くんがすべて応えるのは難しい。

確かに神宮寺くんはすごく優しい人だと思う。湾岸のPrincePrincessの振り講座の時も「現時点で100点だけど120点まで行ける気がする!やってみよう!」と、まだまだ!とか全然ダメ!とか、そんな否定的な言葉は1度も言わなかった。

だけど根が本当に不器用。

廉くんのことを押してしまっても多分本人は何も思っていないし岸くんが廉くんを心配したことにも気づいてない。

正直セクボ時代の神宮寺くん(や、岩橋くん)を知っている人からしたら、あんなの全然いじめだなんて騒がれることじゃなくて、神宮寺くんが心を許してる人にする態度だなって思う。セクボのときの度が過ぎたイタズラは岸くんだってやられっぱなしではなかった。イタズラする側だったこともある。本当にただの男の子の悪ふざけ。

 

顕嵐くんが「海に友達と行ったらサングラスを海に投げられた(笑)」と話していて、うちの可愛いあらんちゃんにそんなことするお友達は誰なの!?(過保護)と思ったら、神宮寺くんが「いつものメンツで海に行ったときにふざけて顕嵐のサングラスを海に投げた!(笑)」と話していて、いやお前かよ!って心の底からつっこんだ。お風呂上がりの宮近くんに岩橋くんがカフェオレぶっかけたのなんて伝説だよね(笑)

セクボ(神宮寺 岩橋 岸 宮近 顕嵐)は遊び方がいつも過激で、雑誌に出れば誰かと誰かがキスさせられているし、人の私物は平気で口の中に入れるし、事故画を撮りあっては大喜びして、しょーもないちょっかいで宮近を怒らせたり、砂浜に誰かを埋めたり、ジャニショの前をわざわざ騒がれるように通ってみたり。顕嵐の新品の白い靴の上でじぐいわが土足で遊んでたこともあったな。(笑)

 

でも多分、不器用な神宮寺くんはそのバカやってる時が楽しくて仕方がなくて、愛情表現というか心を許してるっていう証拠でもあったんだと思う。

神宮寺くんがKing3人にもその態度になってきた今、心を許してるんだな、コイツらの前では器用でいる必要は無い素の俺でいい!って思えてるんだなって、喜んでしまうくらい。

正直セクボがなくなってPrinceでの活動のみになった時、神宮寺くんはまた器用になろうとしているんじゃないかと思った。素の神宮寺くんでいてくれていい、そのままで充分かっこいい。

だけど本人は、Prince3人のキャラを把握した上で国民的彼氏な神宮寺勇太を選んだ。

チャラ宮寺より何倍も受け入れやすく皆が惚れるそのキャラは意外にもすんなり神宮寺くんに重なっていって、他G担にもものすごい速さで浸透していった。嬉しかったけどどこか切なかった。

 

紳士的で気遣いと優しさの塊。だからこそ、不器用な面がポロッと出た時の周りの驚き具合も裏切られたという思いも増える。叩かれて、悪者にされる。

 

性格が悪いんじゃない、廉くんが嫌いなんじゃない。国民的彼氏のレッテルをとった時、本当の神宮寺勇太くんがほんの少しだけ不器用なだけ。

 

 

神宮寺くんはリア恋枠だとか国民的彼氏と呼ばれるくらい優しくて気遣いができる。でも、相手が気を許してる仲間になるとちょっと甘えが出る、やりたい放題ちょっかいかけるし力加減がわからなくなる。岸くんみたいに人と場合を選んだり常識の範囲内外を考えたりすることがたまに出来なくなる(これは他メンバーもわりと当てはまる)。もちろん国民的彼氏な一面だって神宮寺くんにその要素が全くないなら成立しないし、リア恋枠国民的彼氏も素の神宮寺くんだけど。

神宮寺くんを擁護したいわけじゃない、ちょっかいかけられた相手のメンバーのファンで腹が立つ人がいるのも知ってる。だけど、これからずーっとこの6人で進んでいくことになったから、これがデビューだから。今まで神宮寺くんに興味がなかったキンプリのファンの人も神宮寺くんを優しい完璧な人だと思っていた人も、実は不器用でおちゃらけがちな一面もあるってことを是非知ってほしい。だんだん可愛く見えて来る人もいると思うし、そういう一面があるなら神宮寺くんのことは受け入れられないって人もいるんだと思う。でも、新たな一面としてファンの中で受け入れられたらいいなって思います。

 

 

 

キンプリのメンバーはみんな優しいし、神宮寺くんが過去の失言みたいに責め口調でコメントしてしまってもきっとフォローしてくれる。神宮寺くんだって周りのメンバーのフォローに回ればちゃんとこなす。一生一緒に進んでいくことになった、ってこういうことだよね、きっと。

 

 

 

湿っぽくなっちゃったし結局は神宮寺くんの擁護にしか聞こえない書き方をしちゃったな〜(笑)

デビュー日にこんな記事でどうすんだ、(笑)

 

 

でも本当に、たくさんの人が素の神宮寺くんを受け入れてあげてほしいなって思います!

 

 

大好きな神宮寺勇太くんが、King&Princeが

たくさんの人を笑顔にして、素敵なお仕事と巡り会って、何年後も6人で笑えていますように。

たくさんの人に愛されるグループでありますように。

 

 

 

 

 

2018年5月23日

King&Prince

CDデビューおめでとう

!!!!!!

 

f:id:jyhr1030:20180523202037j:imagef:id:jyhr1030:20180523202054j:image

 

素敵!